best to be done『#51_オズの魔法使い』

oz51-handwriting

あらすじ

 亀裂に架けた木を渡ってカリダ達が追ってきたので、案山子はその木を落としてしまえばいいと考えた。案山子の指示で木こりがその木の支点を切り落とすと、カリダたちは木もろとも地底へ落ちていった。

オズの魔法使い
Original and Japanese translation

"Wait a minute!" called the Scarecrow.

The Wonderful Wizard of Oz

「ちょっと待った!」案山子が叫びました。

He had been thinking what was best to be done, and now he asked the Woodman to chop away the end of the tree that rested on their side of the ditch.

The Wonderful Wizard of Oz

 案山子は最良の行動を考え続けていました。そしてこの時、木こりに頼みました。裂け目のこちら側に載った木の末端を切り離してほしいと。

The Tin Woodman began to use his axe at once, and, just as the two Kalidahs were nearly across, the tree fell with a crash into the gulf, carrying the ugly, snarling brutes with it, and both were dashed to pieces on the sharp rocks at the bottom.

The Wonderful Wizard of Oz

 ブリキの木こりはすぐに斧を振るい始めました。そして、二頭のカリダが渡り切る直前に、木は地面の裂け目に音を立てて落ちました。カリダ達を上に載せた状態で。そして木もカリダも地底の鋭い岩にぶつかってバラバラになりました。

"Well," said the Cowardly Lion, drawing a long breath of relief, "I see we are going to live a little while longer, and I am glad of it, for it must be a very uncomfortable thing not to be alive. Those creatures frightened me so badly that my heart is beating yet."

The Wonderful Wizard of Oz

「私たちはもう少し生きられるようです。嬉しいです。生きていないと息が詰まりますから。私はカリダ達が怖くて、まだ心臓がどきどきしています」臆病なライオンが安堵のため息をついて言いました。

"Ah," said the Tin Woodman sadly, "I wish I had a heart to beat."

The Wonderful Wizard of Oz

「ああ、私も鼓動するハートがあったら良いのに」ブリキの木こりが悲しげに言いました。

The Wonderful Wizard of Oz category page

Reference : The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum(project gutenberg)
English – Japanese parallel translation, handwriting-based foreign language learning