Good-bye!『#55_オズの魔法使い』

oz55-handwriting

あらすじ

 案山子はポールを使って筏を進めようとした。しかしポールは川底に突き刺さり、案山子がポールを手放す前に筏が離れてしまった。

The Wonderful Wizard of Oz
Original and Japanese translation

"We must certainly get to the Emerald City if we can," the Scarecrow continued, and he pushed so hard on his long pole that it stuck fast in the mud at the bottom of the river.

The Wonderful Wizard of Oz

「私たちはエメラルドシティーへ行かなければなりません」案山子が続けて言いました。彼が自分のロングポールを強く押すと、ポールは水底の泥に突き刺さりました。

Then, before he could pull it out again--or let go--the raft was swept away, and the poor Scarecrow was left clinging to the pole in the middle of the river.

The Wonderful Wizard of Oz

 それから、案山子がポールを引き抜くか手放すかする前に、筏が押し流されました。気の毒に、案山子は川の真ん中でポールにしがみついたままになりました。

"Good-bye!" he called after them, and they were very sorry to leave him.

The Wonderful Wizard of Oz

「お別れです!」案山子は後方に叫びました。ドロシーたちは案山子を見捨てることを残念に思いました。

Indeed, the Tin Woodman began to cry, but fortunately remembered that he might rust, and so dried his tears on Dorothy's apron.

The Wonderful Wizard of Oz

 実際、ブリキの木こりは泣き始めました。しかし幸いにも錆びることを思い出して、ドロシーのエプロンで涙を拭きました。

Of course this was a bad thing for the Scarecrow.

The Wonderful Wizard of Oz

 もちろん、これは案山子にとって困った出来事でした。

"I am now worse off than when I first met Dorothy," he thought.

The Wonderful Wizard of Oz

「ドロシーと初めて出会った時よりも、今の方が悪い状態だ」案山子は考えました。

"Then, I was stuck on a pole in a cornfield, where I could make-believe scare the crows, at any rate. But surely there is no use for a Scarecrow stuck on a pole in the middle of a river. I am afraid I shall never have any brains, after all!"

The Wonderful Wizard of Oz

「あのとき、私はトウモロコシ畑のポールで動けませんでした。そしてそこでは、少なくとも、案山子を怖がらせる空想ができました。
 しかし、川の真ん中にあるポールで動けない案山子はきっと役に立ちません。
 結局、ブレインは手に入らないのでしょう!」

The Wonderful Wizard of Oz category page

Reference : The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum(project gutenberg)
English – Japanese parallel translation, handwriting-based foreign language learning