a pretty spot『#65_オズの魔法使い』

oz65-handwriting

あらすじ

 案山子と木こりは眠ったライオンが重すぎて運べず、ポピーの近くに残しておくしかなかった。彼らはドロシーとトトだけを連れて、ポピーから十分に離れた場所に横たえた。

The Wonderful Wizard of Oz

"We can do nothing for him," said the Tin Woodman, sadly; "for he is much too heavy to lift. We must leave him here to sleep on forever, and perhaps he will dream that he has found courage at last."

The Wonderful Wizard of Oz

「私たちは彼に何もしてあげられません。重すぎて持ち上がらないから」ブリキの木こりが悲しそうに言いました。「ここで眠ったままにしておくしかありません。もしかすると、勇気を手に入れたことを夢に見るかも」

"I'm sorry," said the Scarecrow. "The Lion was a very good comrade for one so cowardly. But let us go on."

The Wonderful Wizard of Oz

「残念です」案山子が言いました。「ライオンはとても良い仲間でした。でも、進みましょう」

They carried the sleeping girl to a pretty spot beside the river, far enough from the poppy field to prevent her breathing any more of the poison of the flowers, and here they laid her gently on the soft grass and waited for the fresh breeze to waken her.

The Wonderful Wizard of Oz

 彼らは眠っている少女を川の近くの快適な場所に運びました。これ以上花の毒を吸わないように、ポピーから十分に離して。
 そして柔らかな芝生の上にドロシーを優しく横たえて、新鮮なそよ風で目が覚めるのを待ちました。

The Wonderful Wizard of Oz category page

Reference : The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum(project gutenberg)
English – Japanese parallel translation, handwriting-based foreign language learning