food for horses『#82_オズの魔法使い』

oz82-handwriting

あらすじ

 夕食の準備ができて、彼らはテーブルに集まった。ドロシーとトトは美味しい食事に喜んだが、ライオンはオーツのおかゆに不満だった。

The Wonderful Wizard of Oz

"Very likely. Well, Oz can do anything; so I suppose he will find Kansas for you.

The Wonderful Wizard of Oz

「たぶん、オズなら何とかします。彼はあなたのためにカンザスを見つけるでしょう」

But first you must get to see him, and that will be a hard task; for the Great Wizard does not like to see anyone, and he usually has his own way.

The Wonderful Wizard of Oz

「しかしまずは、彼に会わなければなりません。そしてそれが一仕事です。偉大な魔法使いは誰にも会いたがらないのです。独特な人ですから」

But what do YOU want?" he continued, speaking to Toto.

The Wonderful Wizard of Oz

「あなたは何がほしいのですか?」男性はトトに話しかけました。

Toto only wagged his tail; for, strange to say, he could not speak.

The Wonderful Wizard of Oz

 トトは尻尾を振っただけでした。奇妙な話ですが、彼は話すことができなかったので。

The woman now called to them that supper was ready, so they gathered around the table and Dorothy ate some delicious porridge and a dish of scrambled eggs and a plate of nice white bread, and enjoyed her meal.

The Wonderful Wizard of Oz

 夕食の準備ができたと、女性が彼らを呼んだので、彼らはテーブルまわりに集まりました。
 ドロシーは美味しいおかゆと、スクランブルエッグと、美味しい白パンを食べて、食事を楽しみました。

The Lion ate some of the porridge, but did not care for it, saying it was made from oats and oats were food for horses, not for lions.

The Wonderful Wizard of Oz

 ライオンはおかゆを少し食べましたが、それが気に入りませんでした。彼はおかゆがオーツから作られていて、オーツは馬の食べ物だからライオンの食べるものではないと言いました。

The Scarecrow and the Tin Woodman ate nothing at all. Toto ate a little of everything, and was glad to get a good supper again.

The Wonderful Wizard of Oz

 案山子とブリキの木こりは全く何も食べませんでした。
 トトは全てを少し食べました。そして、もう一度美味しい食事が食べられて喜びました。

The Wonderful Wizard of Oz category page

Reference : The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum(project gutenberg)
English – Japanese parallel translation, handwriting-based foreign language learning