one great roar『#103_オズの魔法使い』

oz103-handwriting

あらすじ

 木こりが自分の願いをオズに伝えると、オズはドロシーを手助けするように言った。

The Wonderful Wizard of Oz

"I am Oz, the Great and Terrible," spoke the Beast, in a voice that was one great roar. "Who are you, and why do you seek me?"

The Wonderful Wizard of Oz

私が偉大で恐ろしいオズだ」その獣が大きな唸り声をあげました。「お前は誰で、なぜ私を探すのだ?

"I am a Woodman, and made of tin. Therefore I have no heart, and cannot love. I pray you to give me a heart that I may be as other men are."

The Wonderful Wizard of Oz

私は木こりです。ブリキ製です。私にはハートがなく、愛することができません。私はあなたにハートを貰って、他の人たちと同じになりたいのです

"Why should I do this?" demanded the Beast.

The Wonderful Wizard of Oz

なぜ私がそれをするのだ?」獣が尋ねました。

"Because I ask it, and you alone can grant my request," answered the Woodman.

The Wonderful Wizard of Oz

あなただけが私の願いを叶えることができるからです」木こりが答えました。

Oz gave a low growl at this, but said, gruffly: "If you indeed desire a heart, you must earn it."

The Wonderful Wizard of Oz

 この答えに、オズは低いうなり声をだして、荒々しく言いました。「本当にハートを望むならお前はそれを手に入れなければならない

"How?" asked the Woodman.

The Wonderful Wizard of Oz

「どのように?」木こりが尋ねました。

"Help Dorothy to kill the Wicked Witch of the West," replied the Beast. "When the Witch is dead, come to me, and I will then give you the biggest and kindest and most loving heart in all the Land of Oz."

The Wonderful Wizard of Oz

西の邪悪な魔女を退治するドロシーを手伝え」獣が答えました。
「その魔女が死んだら、私の元へ戻ってこい。その後で、私はお前にオズで一番大きく優しく愛情のこもったハートを与えよう

The Wonderful Wizard of Oz category page

Reference : The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum(project gutenberg)
English – Japanese parallel translation, handwriting-based foreign language learning