speaking through the bars of the gate『#122_オズの魔法使い』

oz122-handwriting

あらすじ

 ライオンが反抗的なので、魔女は彼に食べ物を与えなかった。彼が反抗し続けられた理由は、ドロシーが密かに食事を運んでいたからだった。

The Wonderful Wizard of Oz

"If I cannot harness you," said the Witch to the Lion, speaking through the bars of the gate, "I can starve you. You shall have nothing to eat until you do as I wish."

The Wonderful Wizard of Oz

「お前に馬具を付けることができないのなら、私はお前を飢えさせることができる。私の望む通りにするまで、お前が食べる物は無しだ」
 門の柵越しに、魔女はライオンに言いました。

So after that she took no food to the imprisoned Lion; but every day she came to the gate at noon and asked, "Are you ready to be harnessed like a horse?"

The Wonderful Wizard of Oz

 そしてその後、魔女は閉じ込めたライオンに食べ物を与えませんでした。
 しかし毎日正午に、その門にやって来て、魔女は尋ねました。
「馬のように馬具を付けられる準備はできたかい?」

And the Lion would answer, "No. If you come in this yard, I will bite you."

The Wonderful Wizard of Oz

 ライオンが答えました。「いいえ。この中庭にやってきたら、あなたに噛みつきます」

The reason the Lion did not have to do as the Witch wished was that every night, while the woman was asleep, Dorothy carried him food from the cupboard.

The Wonderful Wizard of Oz

 なぜライオンが魔女の望み通りにする必要が無かったかというと、魔女が眠っている間に、毎晩ドロシーが戸棚から食べ物を彼に運んだからでした。

After he had eaten he would lie down on his bed of straw, and Dorothy would lie beside him and put her head on his soft, shaggy mane, while they talked of their troubles and tried to plan some way to escape.

The Wonderful Wizard of Oz

 ライオンは食べ終えると、藁のベッドで横になりました。ドロシーは彼のそばにいて、彼の柔らかくモジャモジャの鬣に頭を載せました。彼らは自分たちの災難の話をして、逃げる計画を立てようとしました。

But they could find no way to get out of the castle, for it was constantly guarded by the yellow Winkies, who were the slaves of the Wicked Witch and too afraid of her not to do as she told them.

The Wonderful Wizard of Oz

 しかし彼らは城から抜け出す方法を見つけることができませんでした。イエロー・ウィンキーたちにいつも監視されていたからです。ウィンキーたちは邪悪な魔女の奴隷で、彼女を恐れるあまり彼女の言いなりでした。

Reference : The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum(project gutenberg)
English – Japanese parallel translation, handwriting-based foreign language learning