トコヨの正体『THE DREAM OF AKINOSUKE』11

akinosuke11-handwriting

アキノスケの夢(対訳)

The ground about and beneath the cedar-tree proved to have been excavated, in a most surprising way, by a prodigious colony of ants.

KWAIDAN

 そのヒマラヤスギの下の地面は、驚くべきことに、とんでもない数のアリたちによって穴が掘られていました。

The ants had furthermore built inside their excavations; and their tiny constructions of straw, clay, and stems bore an odd resemblance to miniature towns.

KWAIDAN

 そのうえ、そのアリたちは穴の内部に建築していました。彼らのワラと粘土と茎の建造物は縮小した都市に奇妙な類似点がありました。

In the middle of a structure considerably larger than the rest there was a marvelous swarming of small ants around the body of one very big ant, which had yellowish wings and a long black head.

KWAIDAN

 他より一段と大きな、ある建造物の中央には、小さなアリたちの大群がいました。一匹の巨大なアリの身体を囲むようにして。その巨大なアリは黄色がかった羽と黒く長い頭を持っていました。

"Why, there is the King of my dream!" cried Akinosuke; "and there is the palace of Tokoyo!… How extraordinary!…

KWAIDAN

「なんと、私の夢の王様だ!トコヨの宮殿がある!なんてことだろう!」アキノスケが叫びました。

Raishu ought to lie somewhere southwest of it—to the left of that big root… Yes!—here it is!… How very strange!

KWAIDAN

「ライシュが南西のどこかにあるはずだ。あの大きな根っこの左側に……ほら!ここにある!なんと不思議なのだろう!」

Now I am sure that I can find the mountain of Hanryoko, and the grave of the princess."…

KWAIDAN

「ハンリョコの山がきっとあるはずだ。姫の墓が」

In the wreck of the nest he searched and searched, and at last discovered a tiny mound, on the top of which was fixed a water-worn pebble, in shape resembling a Buddhist monument.

KWAIDAN

 アリの巣の残骸の中で、アキノスケは探し続けました。そしてついに、小さな山を見つけました。その山の天辺には、水に削られて丸くなった玉石が置いてありました。墓石にそっくりでした。

Underneath it he found—embedded in clay—the dead body of a female ant.

KWAIDAN

 墓石の下で、アキノスケは見つけました。粘土の中に収められた、女性のアリの亡骸を。

Kwaidan category page

Reference : Kwaidan by Lafcadio Hearn(project gutenberg)
English – Japanese parallel translation, handwriting-based foreign language learning