前世のきおく"THE STORY OF O-TEI"7

otei7-handwriting

オテイのはなし(対訳):"KWAIDAN"

Then, in great wonder, he questioned her, saying:—

KWAIDAN

 そのあと、とても驚いて、長尾は彼女に尋ねました。

“Elder Sister, so much do you look like a person whom I knew long ago, that I was startled when you first entered this room. Pardon me, therefore, for asking what is your native place, and what is your name?”

KWAIDAN

「おねえさん、あなたが昔知っていた人に似ているので、あなたが最初にこの部屋に入ってきた時に、私はびっくりしました。失礼ですが、あなたの故郷と名前を尋ねてもいいでしょうか?」

Immediately,—and in the unforgotten voice of the dead,—she thus made answer:—

KWAIDAN

 すぐに、死者の忘れられない声で、彼女は答えました。

“My name is O-Tei; and you are Nagao Chōsei of Echigo, my promised husband.

KWAIDAN

「私の名前はオテイです。あなたは越後の長尾チョウセイさま、私の夫です」

Seventeen years ago, I died in Niigata: then you made in writing a promise to marry me if ever I could come back to this world in the body of a woman;—and you sealed that written promise with your seal, and put it in the butsudan, beside the tablet inscribed with my name. And therefore I came back.”…

KWAIDAN

「17年前に、私は新潟で亡くなりました。そのあと、あなたは私が女性に生まれ変わったとしたら結婚するという誓約書を作りました。
 あなたはその誓約書を御自分の印で封印して、私の名前が刻まれた位牌のそばにある仏壇に入れました。だから私は戻ってきたのです」

As she uttered these last words, she fell unconscious.

KWAIDAN

 その言葉を言い残して、彼女は意識を失いました。

Nagao married her; and the marriage was a happy one.

KWAIDAN

 長尾は彼女と結婚しました。そしてその結婚生活は幸せなものでした。

But at no time afterwards could she remember what she had told him in answer to his question at Ikao: neither could she remember anything of her previous existence.

KWAIDAN

 しかしその後、伊香保で長尾に話したことも、自分の前世のことも、彼女は思い出すことができませんでした。

The recollection of the former birth,—mysteriously kindled in the moment of that meeting,—had again become obscured, and so thereafter remained.

KWAIDAN

 前世の記憶は、例の出会いの瞬間に不思議なことに火がついて、再び消えてしまい、それ以降その状態のままでした。

Kwaidan category page

Reference : Kwaidan by Lafcadio Hearn(project gutenberg)
English – Japanese parallel translation, handwriting-based foreign language learning