うれしい贈り物『A Christmas Inspiration』1

Inspiration1-handwriting

クリスマスの思いつき(対訳)

"Well, I really think Santa Claus has been very good to us all," said Jean Lawrence, pulling the pins out of her heavy coil of fair hair and letting it ripple over her shoulders.

A Christmas Inspiration

「さて、サンタクロースは私たちにとても良くしてくれたと思います」ジーン・ローレンスがそう言って、自身の金髪の巻き毛からピンを外して、髪の毛を肩に流しました。

"So do I," said Nellie Preston as well as she could with a mouthful of chocolates.

A Christmas Inspiration

「私もそう思います」ネリー・プレストンはチョコレートを頬張りながら力強く言いました。

"Those blessed home folks of mine seem to have divined by instinct the very things I most wanted."

A Christmas Inspiration

「ありがたいことに、私の故郷の人たちは本能で見抜いていたようです。私が欲しかったモノを」

It was the dusk of Christmas Eve and they were all in Jean Lawrence's room at No. 16 Chestnut Terrace.

A Christmas Inspiration

 クリスマスイブの夕暮れ時のことでした。彼らはNo. 16 Chestnut Terraceにあるジーン・ローレンスの部屋に集まっていました。

No. 16 was a boarding-house, and boarding-houses are not proverbially cheerful places in which to spend Christmas, but Jean's room, at least, was a pleasant spot, and all the girls had brought their Christmas presents in to show each other.

A Christmas Inspiration

 ナンバー16は下宿屋でした。下宿屋は一般的にクリスマスを過ごすのに気持ちの良い場所ではありませんが、少なくとも、ジーンの部屋は快適な場所でした。そして、その場に居る少女たちは全員が自身のクリスマスプレゼントを持ってきていました。お互いに見せ合うために。

Christmas came on Sunday that year and the Saturday evening mail at Chestnut Terrace had been an exciting one.

A Christmas Inspiration

 クリスマスはその年の日曜日にやってきました。前日の土曜日の晩の郵便物はワクワクさせるものでした。

L. M. Montgomery category page

Reference : Short Stories by L. M. Montgomery(project gutenberg)
English – Japanese parallel translation, handwriting-based foreign language learning