場を白けさせる人『A Christmas Inspiration』5

inspiration5-handwriting

クリスマスの思いつき(対訳)

"Nobody ever comes to see her and she never goes anywhere," said Beth.

A Christmas Inspiration

「彼女に会いに来る人は誰もいませんし、彼女はどこにも出かけません」ベスが言いました。

"Dear me! She must feel lonely now when everybody else is being remembered by their friends.

A Christmas Inspiration

「ああ!彼女は孤独を感じているに違いありません。人々が友人を思い出す日であるクリスマスの今まさに」

I can't forget her face tonight; it actually haunts me. 

A Christmas Inspiration

「私は今夜彼女の顔が忘れられません。本当に頭から消えません」

Girls, how would you feel if you hadn't anyone belonging to you, and if nobody thought about you at Christmas?"

A Christmas Inspiration

「みなさん、自分に親しい人が誰もいなかったとしたら、そしてクリスマスに誰も自分の事を考えてくれなかったら、どんな感じがしますか?」

"Ow!" said Olive, as if the mere idea made her shiver.

A Christmas Inspiration

「うわ!」ゾッとしたかのように、オリーブが言いました。

A little silence followed.

A Christmas Inspiration

 短い沈黙が続きました。

To tell the truth, none of them liked Miss Allen.

A Christmas Inspiration

 実のところ、彼らのうちの誰もミス・アレンを好いていませんでした。

They knew that she did not like them either, but considered them frivolous and pert, and complained when they made a racket.

A Christmas Inspiration

 彼らはわかっていました。ミス・アレンは自分たちの事が好きでなく、自分たちの事を不真面目で小生意気だと思っていて、自分たちが騒ぐと苦情を言う人であると。

"The skeleton at the feast," Jean called her, and certainly the presence of the pale, silent, discontented-looking woman at the No. 16 table did not tend to heighten its festivity.

A Christmas Inspiration

「祝祭の骸骨だと」ジーンは彼女をそう思いました。確かに、ナンバー16のテーブルにいる顔色が悪くて、静かで、不満げな表情の女性はお祭り気分を盛り上げませんでした。

L. M. Montgomery category page

Reference : Short Stories by L. M. Montgomery(project gutenberg)
English – Japanese parallel translation, handwriting-based foreign language learning