クリスマスの期待 #13『クリスマスの間違い』

A Christmas Mistake(対訳・英語勉強中)

When the little Grants came home and heard the news, Teddy stood on his head to express his delight, the twins kissed each other, and Mary Alice and Gordon danced around the kitchen.

A Christmas Mistake

 グラント家の子供たちが帰って来て、この知らせを聞くと、テディは逆立ちになって大喜びしました。双子はキスしあい、メアリー・アリスとゴードンはキッチンのあたりで踊りました。

Keith thought himself too big to betray any joy over a Christmas dinner, but he whistled while doing the chores until the bare welkin in the yard rang, and Teddy, in spite of unheard of misdemeanours, was not collared off into the porch once.

A Christmas Mistake

 キースはクリスマスディナーを喜ぶほど幼くはないと自認していましたが、雑用をしている間中口笛を吹いていました。音が庭に届くほど。テディが行儀悪くても、キースは彼を玄関につまみ出しませんでした。

When the young teacher got home from school that evening he found the yellow house full of all sorts of delectable odours.

A Christmas Mistake

 その晩、例の若先生が帰宅した時、(彼の下宿先の?)黄色い家は美味しい匂いでいっぱいでした。

Miss Cornelia herself was concocting mince pies after the famous family recipe, while her ancient and faithful handmaiden, Hannah, was straining into moulds the cranberry jelly.

A Christmas Mistake

 ミス・コーネリアは美味しいファミリーレシピに倣って、ひき肉のパイを作っていました。そして彼女の長い付き合いの信頼する女中のハンナは、クランベリーゼリーを作っていました。

The open pantry door revealed a tempting array of Christmas delicacies.

A Christmas Mistake

 開いた食糧貯蔵棚には、クリスマスのご馳走がずらりと美味しそうに並んでいました。

Reference : Short Stories by L. M. Montgomery(project gutenberg)
English – Japanese parallel text, handwriting-based foreign language learning

english