An Earnest Request『#3_俵藤太物語』

tawara3-handwriting

あらすじ

 突然現れた男は秀郷に何か頼みごとがある様子だった。

JAPANESE FAIRY TALES
MY LORD BAG OF RICE

Hidesato knew at once that this was no ordinary mortal and he wondered much at the strange occurrence.

MY LORD BAG OF RICE

 秀郷はそれが普通の人間ではないとすぐにわかりました。
 彼はその不思議な出来事にとても驚きました。

Where had the dragon gone in such a short space of time?

MY LORD BAG OF RICE

 例のドラゴンはこんな一瞬でどこに消えてしまったのだろうか?

Or had it transformed itself into this man, and what did the whole thing mean?

MY LORD BAG OF RICE

 ドラゴンはその男に変化したのだろうか?
 そして、この一連の出来事は何の意味があったのだろうか?

While these thoughts passed through his mind he had come up to the man on the bridge and now addressed him:

MY LORD BAG OF RICE

 そんなことを考えながら、秀郷は橋に立つ男に近づいて、彼に話しかけました。

“Was it you that called me just now?”

MY LORD BAG OF RICE

「先ほど私を呼んだのはあなたですか?」

“Yes, it was I,” answered the man: “I have an earnest request to make to you. Do you think you can grant it to me?”

MY LORD BAG OF RICE

「はい、私が呼びました」その男が答えました。
「あなたに頼みたい切実な望みがあります。あなたは私の望みを叶えることができると思いますか?」

“If it is in my power to do so I will,” answered Hidesato, “but first tell me who you are?”

MY LORD BAG OF RICE

「私の力が及ぶのならば、あなたの望みを叶えましょう」秀郷が答えました。
「しかしまずは、あなたが誰なのかを私に教えてください」

JAPANESE FAIRY TALES category page

Reference : JAPANESE FAIRY TALES compiled by Yei Theodora Ozaki(project gutenberg)
English – Japanese parallel translation, handwriting-based foreign language learning