クリーニング店の預かり物『#6_ミセス・ティギーウィンクルのおはなし』

tiggy6-handwriting

あらすじ

ミセスティギーウィンクルは預かったチョッキとテーブルクロスをクリーニングした。しかしそれらは両方とも、ルーシーが失くした物だったのだ。

ミセス・ティギーウィンクルのおはなし(対訳)

Then she took something else off a clothes-horse—

The Tale of Mrs. Tiggy-Winkle

それからミセスティギーウィンクルは物干し掛けから他のモノを取り外しました。

"That isn't my pinny?" said Lucie.

The Tale of Mrs. Tiggy-Winkle

「それは私のエプロンじゃありませんか?」ルーシーは言いました。

"Oh no, if you please'm; that's a damask table-cloth belonging to Jenny Wren; look how it's stained with currant wine! It's very bad to wash!" said Mrs. Tiggy-winkle.

The Tale of Mrs. Tiggy-Winkle

「残念ながら、違います。それはジェニーレンのダマスク織りテーブルクロスです。ワインでついたシミを見てください!洗えません!」ミセスティギーウィンクルは言いました。

Mrs. Tiggy-winkle's nose went sniffle, sniffle, snuffle, and her eyes went twinkle, twinkle; and she fetched another hot iron from the fire.

The Tale of Mrs. Tiggy-Winkle

ミセスティギーウィンクルの鼻がスンスンと鳴り、瞳がキラキラ輝きました。
彼女は炉から別の熱いアイロンを取ってきました。

"There's one of my pocket-handkins!" cried Lucie—"and there's my pinny!"

The Tale of Mrs. Tiggy-Winkle

「私のハンドキンのうちの一枚です!」ルーシーが叫びました。
「それに、私のエプロンです!」

Mrs. Tiggy-winkle ironed it, and goffered it, and shook out the frills.

The Tale of Mrs. Tiggy-Winkle

ミセスティギーウィンクルはそのエプロンにアイロンをかけて、フリルを取りました。

"Oh that is lovely!" said Lucie.

The Tale of Mrs. Tiggy-Winkle

「ああ、なんてことでしょう!」ルーシーは言いました。

Peter Rabbit category page

Reference : The Tale of Peter Rabbit by Beatrix Potter(project gutenberg)
English – Japanese parallel translation, handwriting-based foreign language learning