無人の子供部屋『#2_二匹の悪いネズミ』

bad-mice2-handwriting

あらすじ

 ルシンダとジェーンが出かけて、子供部屋に誰もいなくなると、部屋の隅から物音が聞こえた。壁の下に穴があいていて、そこからネズミが頭を出した。

二匹の悪いネズミのおはなし
Original and Japanese translation

One morning Lucinda and Jane had gone out for a drive in the doll's perambulator.

THE TALE OF TWO BAD MICE

 ある朝、ルシンダとジェーンは人形用乳母車でドライブに出かけました。

There was no one in the nursery, and it was very quiet.

THE TALE OF TWO BAD MICE

 子供部屋には誰もおらず、とても静かでした。

Presently there was a little scuffling, scratching noise in a corner near the fire-place, where there was a hole under the skirting-board.

THE TALE OF TWO BAD MICE

 やがて、小さな足音がして、暖炉近くの隅でひっかく音がしました。音がした場所には、壁のすそ木の下に穴がありました。

Tom Thumb put out his head for a moment, and then popped it in again.

THE TALE OF TWO BAD MICE

 少しの間、トム・サムが頭を出しました。それから再び頭を引っ込めました。

Tom Thumb was a mouse.

THE TALE OF TWO BAD MICE

 トム・サムは一匹のネズミでした。

A minute afterwards, Hunca Munca, his wife, put her head out, too; and when she saw that there was no one in the nursery, she ventured out on the oilcloth under the coal-box.

THE TALE OF TWO BAD MICE

 少しして、彼の妻のハンカ・マンカも頭を出しました。
 そして子供部屋に誰もいないのを確認して、ハンカ・マンカは石炭箱の下にあるオイルクロスに思い切って飛び出しました。

Reference : The Tale of Peter Rabbit by Beatrix Potter(project gutenberg)
English – Japanese parallel translation, handwriting-based foreign language learning