Wolves' Favourite Food『#11_雌の狼』

beasts11-handwriting

あらすじ

 食べ物でオオカミの気を引いて別の場所に隔離しようという話になった。オオカミの好物に心当たりがあったので、ロード・パバムはその作戦に砂糖を使うことを提案した。

THE SHE-WOLF
Original and Japanese translation

“If it is really Mrs. Hampton, who has just had a very good dinner, I don’t suppose food will appeal to it very strongly,” said Clovis.

THE SHE-WOLF

「もしも本当にミセス・ハンプトンだとすれば、彼女は美味しいディナーを食べ終えたばかりです。食べ物に惹きつけられるとは思いません」クローヴィスが言いました。

“Leonard,” beseeched Mrs. Hoops tearfully, “even if this is none of your doing can’t you use your great powers to turn this dreadful beast into something harmless before it bites us all—a rabbit or something?”

THE SHE-WOLF

「レナード」ミセス・フープスは涙ながらに懇願しました。「たとえこれがあなたと無関係だとしても、あなたのチカラでこの恐ろしい獣を無害なウサギかナニカに変えられませんか?私たちに噛みつく前に」

“I don’t suppose Colonel Hampton would care to have his wife turned into a succession of fancy animals as though we were playing a round game with her,” interposed Clovis.

THE SHE-WOLF

「カーネル・ハンプトンが望むとは思いません。ゲームのように次々と、自分の妻の姿を変えられることを」クローヴィスが異議を唱えました。

“I absolutely forbid it,” thundered the Colonel.

THE SHE-WOLF

「絶対に許しません」カーネルが怒鳴りました。

“Most wolves that I’ve had anything to do with have been inordinately fond of sugar,” said Lord Pabham; “if you like I’ll try the effect on this one.”

THE SHE-WOLF

「私の知るオオカミたちは大抵砂糖に目がありません」ロード・パバムが言いました。「よろしければ、私が砂糖の効果を確かめましょう」

Reference : Beasts and Super-Beasts By H. H. MUNRO (“SAKI”)(project gutenberg)
English – Japanese parallel translation, handwriting-based foreign language learning