Place to Sleep『#41_カンタヴィルの幽霊』

canterville41-handwriting

あらすじ

 幽霊は疲れ切っていた。そして体調を戻す方法もわからなかった。なにしろ、300年間ずっと眠れていないのだから。

The Canterville Ghost
Original and Japanese translation

"Please don't go, Miss Virginia," he cried; "I am so lonely and so unhappy, and I really don't know what to do. I want to go to sleep and I cannot."

The Canterville Ghost

「行かないでくれ、ミス・ヴァージニア」幽霊は叫びました。
「私は一人きりで寂しいのだ。何をすべきか本当にわからない。眠りたいのだが眠れないのだ」

"That's quite absurd! You have merely to go to bed and blow out the candle.

The Canterville Ghost

「それはおかしい!ただベッドへ行ってロウソクを吹き消せばいいのです」

It is very difficult sometimes to keep awake, especially at church, but there is no difficulty at all about sleeping.

The Canterville Ghost

「起き続けることのほうが難しい時もあります。特に教会にいる時に。しかし、眠ることについては、難しいことなんてありません」

Why, even babies know how to do that, and they are not very clever."

The Canterville Ghost

「なにしろ、赤ん坊でさえ眠り方を知っているのですから。赤ん坊はあまり利口ではないのに」

"I have not slept for three hundred years," he said sadly, and Virginia's beautiful blue eyes opened in wonder; "for three hundred years I have not slept, and I am so tired."

The Canterville Ghost

「私は300年間眠れていない」幽霊は悲し気に言いました。ヴァージニアは驚いて美しい青い瞳を大きく見開きました。
「300年間も眠れず、私はとても疲れているのだ」

Virginia grew quite grave, and her little lips trembled like rose-leaves.

The Canterville Ghost

 ヴァージニアは深刻さを増して、唇を震わせました。

She came towards him, and kneeling down at his side, looked up into his old withered face.

The Canterville Ghost

 彼女は幽霊に近づいて、彼のそばで膝をついて、元気を失った彼の顔を覗き込みました。

"Poor, poor Ghost," she murmured; "have you no place where you can sleep?"

The Canterville Ghost

「かわいそう、かわいそうな幽霊さん」ヴァージニアはつぶやきました。
「眠れる場所が無いのですか?」

The Canterville Ghost category page

Reference : The Canterville Ghost by Oscar Wilde(project gutenberg)
English – Japanese parallel translation, handwriting-based foreign language learning