Funeral『#55_カンタヴィルの幽霊』

canterville55-handwriting

あらすじ

 カンタヴィルゴーストの葬儀が始まった。ロード・カンタヴィルが喪主となり、オーティス一家とチェシャー若公爵、そしてミセス・アムニーが参加した。

The Canterville Ghost
Original and Japanese translation

Four days after these curious incidents, a funeral started from Canterville Chase at about eleven o'clock at night.

The Canterville Ghost

 その奇妙な出来事から四日後、夜の11時ごろにカンタヴィルチェイスから葬儀が始まりました。

The hearse was drawn by eight black horses, each of which carried on its head a great tuft of nodding ostrich-plumes, and the leaden coffin was covered by a rich purple pall, on which was embroidered in gold the Canterville coat-of-arms.

The Canterville Ghost

 8頭の黒い馬が霊柩車を引きました。その馬たちは揺れるダチョウの羽の束を頭につけていました。
 豪華な紫色の覆いが棺に掛けてありました。カンタヴィルの紋章が布に刺繍してありました。

By the side of the hearse and the coaches walked the servants with lighted torches, and the whole procession was wonderfully impressive.

The Canterville Ghost

 霊柩車と馬車のそばには、火のついた松明を持った使用人たちが歩きました。
 その行列は驚くほど印象的でした。

Lord Canterville was the chief mourner, having come up specially from Wales to attend the funeral, and sat in the first carriage along with little Virginia.

The Canterville Ghost

 ロード・カンタヴィルが喪主でした。わざわざウェールズから葬儀に出るためにやって来ていて、先頭の馬車にリトルヴァージニアと一緒に座りました。

Then came the United States Minister and his wife, then Washington and the three boys, and in the last carriage was Mrs. Umney.

The Canterville Ghost

 アメリカ公使夫妻が続き、ワシントンと双子たちと若公爵が続き、そして最後尾の馬車にはミセス・アムニーがいました。

It was generally felt that, as she had been frightened by the ghost for more than fifty years of her life, she had a right to see the last of him.

The Canterville Ghost

 ミセス・アムニーは人生の50年以上も幽霊におびえてきたので、幽霊の最期に立ち会う権利があると認められました。

The Canterville Ghost category page

Reference : The Canterville Ghost by Oscar Wilde(project gutenberg)
English – Japanese parallel translation, handwriting-based foreign language learning