Inscription『#63_カンタヴィルの幽霊』和訳

canterville63-handwriting

あらすじ

 結婚後に、公爵夫妻はカンタヴィルチェイスを訪れた。彼らはサーサイモンの墓参りをして、教会で一休みした。ヴァージニアは幽霊にずっと恩義を感じていた。

The Canterville Ghost
Original and Japanese translation

The Duke and Duchess, after the honeymoon was over, went down to Canterville Chase,

The Canterville Ghost

 ハネムーンが終わった後、公爵夫妻はカンタヴィルチェイスを訪れました。

and on the day after their arrival they walked over in the afternoon to the lonely churchyard by the pine-woods.

The Canterville Ghost

 到着した翌日、彼らは午後になると松林を通って寂しい教会に立ち寄りました。

There had been a great deal of difficulty at first about the inscription on Sir Simon’s tombstone,

The Canterville Ghost

 最初、サーサイモンの墓碑に記す碑文に関して、大きないざこざがありました。

but finally it had been decided to engrave on it simply the initials of the old gentleman’s name, and the verse from the library window.

The Canterville Ghost

 しかし最終的に、彼のイニシャルとライブラリにある詩を彫ることになりました。

The Duchess had brought with her some lovely roses, which she strewed upon the grave,

The Canterville Ghost

 公爵夫人はバラをいくつか持っていき、それを墓に散らしました。

and after they had stood by it for some time they strolled into the ruined chancel of the old abbey.

The Canterville Ghost

 そしてしばらく墓のそばで立ち尽くした後、古い教会の荒れた内陣に歩みを進めました。

There the Duchess sat down on a fallen pillar, while her husband lay at her feet smoking a cigarette and looking up at her beautiful eyes.

The Canterville Ghost

 公爵夫人は倒れた柱に座りました。公爵は彼女の足元でタバコを吸いながら、彼女の美しい瞳を見上げていました。

Suddenly he threw his cigarette away, took hold of her hand, and said to her, "Virginia, a wife should have no secrets from her husband."

The Canterville Ghost

 彼は突然タバコを投げ捨てて、彼女の手を取り、言いました。
「ヴァージニア、妻は夫に秘密を持たないはずです」

"Dear Cecil! I have no secrets from you."

The Canterville Ghost

「セシル!私はあなたに秘密などありません」

"Yes, you have," he answered, smiling, "you have never told me what happened to you when you were locked up with the ghost."

The Canterville Ghost

「いいえ、あります。あなたは私に話しません。あなたが幽霊と一緒にいた時、何があったのかを」彼は微笑みながら言いました。

"I have never told any one, Cecil," said Virginia, gravely.

The Canterville Ghost

「私は誰にも話していませんよ、セシル」ヴァージニアは厳かに言いました。

"I know that, but you might tell me."

The Canterville Ghost

「知っています。しかし、私には話してもいいんじゃないですか」

"Please don't ask me, Cecil, I cannot tell you. Poor Sir Simon! I owe him a great deal. Yes, don't laugh, Cecil, I really do. He made me see what Life is, and what Death signifies, and why Love is stronger than both."

The Canterville Ghost

「聞かないでください、セシル。私はあなたに話せません。気の毒なサー・サイモン!私は彼に多大な恩義があります。笑わないでください、セシル。本当なのです。彼は私に見せました。人生のこと、死の意味、そしてそのどちらよりも愛が強いということを」

The Duke rose and kissed his wife lovingly.

The Canterville Ghost

 公爵は立ち上がって、愛情込めて妻にキスしました。

"You can have your secret as long as I have your heart," he murmured.

The Canterville Ghost

「私があなたを好きでいる限り、秘密にしていいですよ」彼はささやきました。

"You have always had that, Cecil."

The Canterville Ghost

「打ち明ける日は来ませんね、セシル」

"And you will tell our children some day, won't you?"

The Canterville Ghost

「いつか、私たちの子供に話すでしょう?」

Virginia blushed.

The Canterville Ghost

 ヴァージニアは顔を赤らめました。

The Canterville Ghost category page

Reference : The Canterville Ghost by Oscar Wilde(project gutenberg)
English – Japanese parallel translation, handwriting-based foreign language learning