おおいなる遺産『Great Expectations』1

expectations1-handwriting

あらすじ

 幼い時、私は自分をピップと呼んでいた。墓の下にいる両親に会ったことがなかったので、私は墓石を参考に彼らがどんな人なのかを想像した。

大いなる遺産
Original and Japanese translation

My father’s family name being Pirrip, and my Christian name Philip, my infant tongue could make of both names nothing longer or more explicit than Pip.

Great Expectations

 私の父親のファミリーネームはピリップ、私のクリスチャンネームはフィリップなので、私の乳児期の舌では両方の名前をピップより長くも、ハッキリとも発音できませんでした。

So, I called myself Pip, and came to be called Pip.

Great Expectations

 そういうわけで、私は自分をピップと呼び、そしてピップと呼ばれるようになりました。

I give Pirrip as my father’s family name, on the authority of his tombstone and my sister,—Mrs. Joe Gargery, who married the blacksmith.

Great Expectations

 父親のファミリーネームとしてピリップを挙げる根拠は、父親の墓石と私の姉のミセス・ジョー・ガージェリーです。彼女は鍛冶屋の妻です。

As I never saw my father or my mother, and never saw any likeness of either of them (for their days were long before the days of photographs), my first fancies regarding what they were like were unreasonably derived from their tombstones.

Great Expectations

 私は自分の父親にも母親にも一度も会っていなかったし、どちらの姿も見ていなかったので、(彼らが写真の時代よりずっと前だったからです)
彼らがどんな人だったのかという私の空想は、彼らの墓石に由来していました。

The shape of the letters on my father’s, gave me an odd idea that he was a square, stout, dark man, with curly black hair.

Great Expectations

 父親の墓石の字体から、私は奇妙な着想を抱きました。父親は四角四面な人で、恰幅の良い人で、色黒の人で、カールした黒髪の人だったのだと。

Great Expectations category page

Reference : Great Expectations by Charles Dickens(project gutenberg)
English – Japanese parallel translation, handwriting-based foreign language learning