たのしい朝食『A Christmas Inspiration』13

inspiration13-handwriting

クリスマスの思いつき(対訳)

Breakfast was an unusually cheerful affair at No. 16 that morning.

A Christmas Inspiration

 その朝、No. 16では、いつもと違う楽しい朝食となりました。

There was no skeleton at the feast and everybody was beaming.

A Christmas Inspiration

 そこには楽しさに水を差すような人はおらず、皆が笑っていました。

Miss Allen laughed and talked like a girl herself.

A Christmas Inspiration

 ミス・アレンは少女のように笑って話をしました。

"Oh, how surprised I was!" she said.

A Christmas Inspiration

「ああ、どんなに驚いたことか!」ミス・アレンが言いました。

"The roses were like a bit of summer, and those cats of Nellie's were so funny and delightful.

A Christmas Inspiration

「バラはちょっとした夏を感じさせたし、ネリーの描いたネコはとても可笑しくて楽しいものでした」

And your letter too, Jean!

A Christmas Inspiration

「それとあなたの手紙も、ジーン!」

I cried and laughed over it.

A Christmas Inspiration

「手紙を読んだら、涙が出て、笑いました」

I shall read it every day for a year."

A Christmas Inspiration

「私は一年間まいにち手紙を読むつもりです」

After breakfast everyone went to Christmas service.

A Christmas Inspiration

 朝食後、皆でクリスマスの礼拝に行きました。

The girls went uptown to the church they attended.

A Christmas Inspiration

 少女たちは都心部から離れて、教会へ行きました。

The city was very beautiful in the morning sunshine.

A Christmas Inspiration

 朝日の中の都市はとても美しいものでした。

There had been a white frost in the night and the tree-lined avenues and public squares seemed like glimpses of fairyland.

A Christmas Inspiration

 前夜に霜が降りていて、並木道と広場がおとぎの国のように一瞬みえました。

"How lovely the world is," said Jean.

A Christmas Inspiration

「なんて素敵な世界なのでしょう」ジーンが言いました。

L. M. Montgomery category page

Reference : Short Stories by L. M. Montgomery(project gutenberg)
English – Japanese parallel translation, handwriting-based foreign language learning