Steady Snoring『#21 カンタヴィルの幽霊』

canterville21-handwriting

あらすじ

 オーティス一家が寝静まった後、幽霊はワシントンの部屋へと向かった。

The Canterville Ghost
Original and Japanese translation

The owl beat against the window-panes, the raven croaked from the old yew-tree, and the wind wandered moaning round the house like a lost soul;

The Canterville Ghost

 フクロウが屋敷の窓ガラスを叩きました。
 カラスがイチイの古木から鳴きました。
 風が屋敷の周囲でうなりました。道に迷った魂のように。

but the Otis family slept unconscious of their doom, and high above the rain and storm he could hear the steady snoring of the Minister for the United States.

The Canterville Ghost

 しかしオーティス一家は寝ていて、自らの運命に気づきませんでした。
 雨と嵐の音以上に、アメリカ公使の一定したいびきの音が聞こえました。

He stepped stealthily out of the wainscoting, with an evil smile on his cruel, wrinkled mouth,

The Canterville Ghost

 幽霊は羽目板からコッソリと足を踏み出しました。しわの寄った口元に邪悪な笑みを浮かべて。

and the moon hid her face in a cloud as he stole past the great oriel window, where his own arms and those of his murdered wife were blazoned in azure and gold.

The Canterville Ghost

 月明かりが雲で陰りました。幽霊が大きな出窓を通り過ぎた瞬間に。
 そこには彼自身の紋章と亡くなった妻の紋章が青色と金色で描かれていました。

On and on he glided, like an evil shadow, the very darkness seeming to loathe him as he passed.

The Canterville Ghost

 幽霊は止まらずに進みました。通り過ぎる時に、暗闇に悪意を感じたからです。

Once he thought he heard something call, and stopped;

The Canterville Ghost

 一度、何かが聞こえた気がして幽霊は立ち止まりました。

but it was only the baying of a dog from the Red Farm,

The Canterville Ghost

 しかし、それはレッドファームにいるイヌの吠え声でした。

and he went on, muttering strange sixteenth-century curses, and ever and anon brandishing the rusty dagger in the midnight air.

The Canterville Ghost

 幽霊は進み続けました。十六世紀の奇妙な呪いの言葉を呟きながら。ときどき錆びたダガーをやみくもに振り回しながら。

Finally he reached the corner of the passage that led to luckless Washington's room.

The Canterville Ghost

 幽霊はようやく到着しました。ワシントンの部屋へ繋がる廊下の曲がり角に。

The Canterville Ghost category page

Reference : The Canterville Ghost by Oscar Wilde(project gutenberg)
English – Japanese parallel translation, handwriting-based foreign language learning