Reason for Existing『#37_カンタヴィルの幽霊』

canterville37-handwriting

あらすじ

 幽霊に同情して、ヴァージニアは彼に声をかけた。あなたが迷惑をかけなければ、誰もあなたを困らせないと。兄弟たちが明日イートンに帰る予定だったからだ。

The Canterville Ghost
Original and Japanese translation

So light was her footfall, and so deep his melancholy, that he was not aware of her presence till she spoke to him.

The Canterville Ghost

 ヴァージニアの足音はとても軽くて、カンタヴィルゴーストの憂鬱はとても深いものでした。だから彼女に話しかけられるまで、幽霊は彼女の存在に気がつきませんでした。

"I am so sorry for you," she said, "but my brothers are going back to Eton to-morrow, and then, if you behave yourself, no one will annoy you."

The Canterville Ghost

「私はあなたを気の毒に思っています。私の兄弟たちは明日イートンへ戻る予定です。あなたが行儀よくするなら、誰も困らせませんよ」ヴァージニアは言いました。

"It is absurd asking me to behave myself," he answered, looking round in astonishment at the pretty little girl who had ventured to address him, "quite absurd. I must rattle my chains, and groan through keyholes, and walk about at night, if that is what you mean. It is my only reason for existing."

The Canterville Ghost

「私に行儀よくしてほしいと求めるなんて理屈に合いません」勇敢にも自分に話しかけてきた可愛らしい少女に驚いて振り向き、幽霊は答えました。
「まったく理屈に合いません。私は鎖を鳴らして、鍵穴から唸り声をあげて、夜に徘徊しなければなりません。あなたがそれらの行動を言っているのでしたら。私の唯一の存在する理由なのです」

"It is no reason at all for existing, and you know you have been very wicked. Mrs. Umney told us, the first day we arrived here, that you had killed your wife."

The Canterville Ghost

「それが理由ではないでしょう。何しろ、あなたはとても悪い人です。ここに来た初日に、ミセス・アムニーに聞きましたよ。あなたが自分の妻を殺したのだと」

"Well, I quite admit it," said the Ghost, petulantly, "but it was a purely family matter, and concerned no one else."

The Canterville Ghost

「まあ、認めましょう」幽霊は言いました。不機嫌に。
「しかし、それは単に家族の問題で、家族以外に関係ありません」

The Canterville Ghost category page

Reference : The Canterville Ghost by Oscar Wilde(project gutenberg)
English – Japanese parallel translation, handwriting-based foreign language learning